自作パソコン 起動

pasocon-image

[Windows7] ブログ村キーワード

多くのトラブルに見舞われましたが、自作パソコンにwindows7 64ビット版をインストールし、マザーボード、GPUのドライバをインストールし、そのほか、必要なドライバなどもインストールして、windowsアップデートも無事完了しました。

その後、起動時間や動作についてみてましたが、予想通り32ビット版の時よりも高速になりました。これは当たり前で、もともとメインメモリを8GB搭載してました。

ただOSを32ビット版だったため、8GBあるといっても使用していたのは4GBが限度です。つまり半分の性能しか発揮していないことになります。

そこに64ビット版をインストールしたため、今度は8GBフルに使用できるので高速になるというのは予想しており、結果もやはり高速になっていたという話です。

インストール前のデータは外付けHDD500GBに格納していたため、そこからwindows7インストールしたHDDへ取り込み、復元は完了しています。

ただ、すぐに使わないものはまだインストールしていません。インストールデータはあるので、必要になった時にでもインストールすればいいかという考え方でいます。